交換部品・修理

HOME > 部品・修理・メンテナンス > メルター > 故障かな?という症状がでたら・・・

シーラー メンテナンス方法

 メルターを長く使っていただくために・・・
故障かな?という症状がでたら・・・
メルター メンテナンス方法 TOP
CASE 1 接着剤がピストン側からあふれてくる。
CASE 2 ピストン組品が破損している。
CASE 3 トリガーをひいても接着剤がでない。
CASE 4 ノズルが熱くならない。
CASE 5 接着剤が横からもれる。

Case 1. 接着剤がピストン側からあふれてくる。

ピストン組品の先端にあるOリングが劣化、または破損している可能性があります。

タンクに接着剤を満タンにいれるとOリングが劣化しやすくなります。(Point1参照
ピストン組品が、いつもより抵抗なく軽い感触で本体に取り付けられる場合は、Oリングが破損しています。

包装業務用ホットメルト塗布器(メルター) HAKKO MELTER ピストン組品の先端にあるOリングが破損している状態

 

対処方法

 
 お買い上げいただいた販売店からピストン組品を取り寄せ、交換する。
必要な工具 マイナスドライバー、手袋など
Oリングの品番 801-803
 
 

1. 電源を入れて接着剤が溶けるまで待ちます。

2. ピストン組品を引き抜き、本体はスタンドに置きます

ピストン組品を引き抜き、本体はスタンドに置きます。

3. ピストン組品に付着している接着剤が溶けている間にふき取り、Oリングを外します。

ピストン組品に付着しているホットメルト接着剤が溶けている間にふき取り、O リングを外します。Oリングが収まっていた溝もきれいにふき取ります。

4. 新しいOリングを取り付けます。

メンテナンスを行っても、あふれてくる場合

修理としてだす。
(修理に出された場合は、劣化している消耗品はすべて交換します。)
  修理として出す場合は2つの方法があります。
1.
お買い上げいただいた販売店を通じて修理に出す。
2.
弊社に直接修理に出す。(詳細はこちら