交換部品・修理

HOME > 部品・修理・メンテナンス > シーラー > 故障かな?という症状がでたら・・・

シーラー メンテナンス方法

 シーラーを長く使っていただくために・・・
故障かな?という症状がでたら・・・
シーラー メンテナンス方法 TOP
CASE 1 パイロットランプは点くのにシールされない。
CASE 2 パイロットランプが点かない。
CASE 3 シールがうまくできない。

Case 3. シールがうまくできない。

規定外の袋を使っている可能性があります。

袋の厚み・種類を確認してください。
シーラーの機種により、シールできる”袋の厚み・種類”の範囲があります。
範囲外の袋はきれいに溶着・溶断ができませんので、シールされている”袋の厚み・種類”を確認してください。
【袋の厚み・種類】
 袋の厚みとシーラー機種
 袋の種類

消耗品が劣化している可能性があります。

消耗品(ヒーター、テフロンテープ、粘着テープ、圧着パッド)が劣化しているとシールがうまくできません。
消耗品は、完全に使えなくなる前に交換してください。
 ヒーター切れの確認方法
 POINT1 定期的に消耗品を交換してください。(1)テフロンテープ
 POINT2 定期的に消耗品を交換してください。(2)圧着パッド
ヒーター交換方法(含:テープ類) HAKKO FV-801 HAKKO FV-802

テフロンテープがきちんと取り付けられていない可能性があります。

テフロンテープ(粘着テープ)に凹凸がなく、平らに貼り付けていますか。
凹凸があると、きれいにシールできません。テープ類の交換については、「ヒーター交換方法」で確認してください。
ヒーター交換方法(含:テープ類) HAKKO FV-801 HAKKO FV-802

シーラー: シール見本 良い例、悪い例
消耗品に異常が見られない場合は、基板等の交換となりますので修理へ出されることをお勧めいたします。
修理として出す場合は2つの方法があります。
(修理に出された場合は、劣化している消耗品はすべて交換します。)
1. お買い上げいただいた販売店を通じて修理に出す
2.
弊社に直接修理に出す(詳細はこちら