包装の豆知識

HOME > 包装の豆知識
包装の豆知識
包装の豆知識  用語解説

包装(ラッピング)するには、商品により袋づめしたり、箱に入れたりと様々な方法があります。
さらに、包装(ラッピング)する袋やフイルムの種類もいろいろあり、選ぶ際に迷われることも多いと思います。
ここでは、主に包装で使われる袋、シュリンクフィルム、ホットメルト接着剤の性質などを簡単にご紹介しております。ぜひ包装材料を選ぶ際のご参考にしてください。

袋(プラスチック)の種類
名前 略号 性質 主な使いみち

低密度ポリエチレン

LDPE 最も一般的に使われるポリ袋。水より軽く、柔らかい。透明性にも優れている。 ゴミ袋、米袋など
高密度ポリエチレン HDPE LDPEと比べて少し硬く、パリパリした感じ。不透明で強度がある。 レジ袋など
インフレーションポリプロピレン IPP 滑りやすく、コシが強い。透明度はLDPEとOPPの中間。 野菜袋、靴下、Yシャツ袋など
オリエンテットポリプロピレン OPP 透明度に優れつやがあり高級感がある反面、シール性が悪く、防湿性・気体遮断性には不向き。 アクセサリー袋、衣料品袋など
ナイロンポリ NY/LDPE バリア性や保存性に優れている。冷凍・温熱が可能。 肉、魚、漬物、チーズ(食品全般)など
不織布 PP系、NY系 紙材質のような袋。通気性があり緩衝材などでも使用。 芳香剤、CD-ROM袋など
一軸/ニ軸延伸フィルム
一軸延伸フィルムは、タテ、又はヨコ方向のどちらか1方向のみ収縮します。
ニ軸延伸フィルムは、タテ・ヨコ両方同時に収縮します。
シュリンクフィルム(収縮フィルム)の種類
シュリンク
フィルムの種類
特徴 短所 作業に
必要な温度
低 中 高

PO
(ポリオレフィン)

・ツノ、シワが少ないきれいな仕上がり。
・低温で加工できる。
・突刺、引裂き強度が強い。
※一軸、二軸の両方のタイプがあります。

突刺、引裂き強度が強いため開封性が悪くなります。
PVC
(ポリ塩化ビニール)
・作業がしやすい。
・仕上がり時のコシが強い。
※一軸、二軸の両方のタイプがあります。
燃やしたときに塩素ガスが発生するため、環境に悪影響(ダイオキシン)を及ぼす可能性があります。
PE
(ポリエチレン)
・接着強度が強い。
・弾力性がある。
・収縮率が大きい。
※一軸、二軸の両方のタイプあります。
収縮率が大きい分、時間がかかり透明度も若干おちます。
PP
(ポリプロピレン)
・柔らかい感じの仕上がり。
・接着強度が強い。
※ニ軸タイプのものが主流です。
収縮させるには高温の熱風が必要です。
PS(ポリスチレン) ・硬い感じの仕上がり。
・透明性が良い。
※一軸、二軸の両方のタイプあります。
ちょっとした衝撃にも弱くて破れやすく、収縮加工の条件が厳しくなります。
PET
(ポリエステル)
・接着強度が強い。
・透明度が高い。
・収縮する率に安定性あり。
・ラベルを印刷する場合も適応性あり。
※一軸、二軸の両方のタイプあります。
収縮させるには高温の熱風が必要となり、フィルムのコストも割高です。
ホットメルト樹脂の種類
ホットメルト
樹脂の種類
特徴 主用途 粘度
低 中 高
オープン
タイム
遅 中 早
EVA
(酢ビ系)
・接着性、作業性がよい。
※上記の理由から一般的によく使われている種類。
紙、木材
など


PA
(ポリアミド系)
・難燃性が高い。
・高温接着が必要。
電子機器、
基板など
PP
(ポリプロ系)
・プラスチックに適応性あり。 プラスチック
など
ゴム系 ・弾力性、柔軟性がよい。
・高温接着が必要。
自動車、電子機器など
※ホットメルト樹脂は、用途・目的・作業条件にあわせて設定が必要で、メルト樹脂の形状も棒状(スティック状)、粒状(ペレット状)とさまざまです。そのため、上記の表はあくまで目安としてお考えください。
※オープンタイムとはホットメルト樹脂が溶けた状態で表面が固まるまでの時間、つまり接着作業が可能な時間のことです。
 
低温で気化しやすいもの
低温(約30℃)で気化し、その気化したガスに引火し、火災が起こることがあります。
ベンジン、トルエルン、シンナーなどが低温発火する危険性があり、取扱いには充分な注意が必要です。