製品情報

HOME > 製品情報 > HAKKO FV-801

加熱式シーラー HAKKO FV-801

HAKKO FV-801

ワニ口タイプで大きな袋もラクラクシール
ポリエチレンはもちろん、厚手のラミネートフィルムもシール溶着可能
No.FV801-01
¥58,000 +消費税
e-Shopで購入

 
 
初めてご使用いただく場合は、こちらへ⇒
HAKKOのシーラーを始めてみよう  
シールの強度をあげたい場合
5〜10mmの間隔をあけて2回シールすると効果的です。 5〜10mm間隔あける
 
 
 
シュリンク包装する場合(溶断の場合)
 
溶断シールはシールすると同時にその位置で切断するため、シール幅がほとんど残りません。 シュリンク包装する場合は、溶断シールがきれいに仕上がります。 シュリンク包装したい商品に対して、約1.2〜1.5倍大きめに切断するときれいにシュリンクできます。
 
 
 
カッターを使用する場合
 
カッターで指を切る恐れがありますので、ご注意ください。
ガゼット袋など何層にもなった袋をカットする場合、ハンドルの押しが弱いと裏面までカットできないことがあります。強めに押してください。(右下【カット失敗例】の図参照)

【袋のカット方法

適用機種 カッター カット方法
HAKKO
FV-801
みみ幅約5mmでカット。
(右下【カット成功例】の図参照)
みみ幅を変えたい場合は、一度電源コードを外してからカッター機能をご使用ください。
カッター使用イメージ
カッター使用イメージ
マチ付きアルミガゼット袋
マチ付きアルミガゼット袋
カット失敗例
カット成功例