HAKKOのシーラーを始めてみよう

HOME > HAKKOのシーラーを始めてみよう > 熱で溶かして袋状にする(溶着)

使用方法(FV-801の場合)
 
  シーラーを始める前に・・・
熱で溶かして袋状にする(溶着)
熱で溶かして袋状にした部分でカットする(溶断)
カッターを使う
 
 
熱で溶かして袋状にする(溶着)

電源プラグをコンセントに差し込む。

コンセントにつないでスタート 注意 コンセントを入れただけでは熱くなりません。
注意AC100Vの家庭用電源以外には接続しないでください。
   思わぬ事故の原因となりますのでご注意ください。

2.ツマミで加熱時間を調整します。

シーラーのツマミで加熱時間を調整 ツマミは袋の材質、厚みにより合わせます。 (ツマミ調整の目安
何度かテストしてなるべく短い時間にセットすると、 きれいにシールでき、消耗品の劣化を和らげます。

3.溶着したい部分をシール台にセットします。

シールする袋をシーラーにセット 箱などを台にして、シール台とシールする袋の高さを合わせると、まっすぐなラインが作りやすくなります。

4.ハンドルを押し下げ、パイロットランプが点灯してスイッチが入ったことを確認します。

ハンドルを押し下げてシールします

5. パイロットランプが消えた後も3秒間(MAX)押し続けてから、ハンドルを上げます。

ランプが消えるまでハンドルは押したまま パイロットランプはツマミで調整した時間点灯して、溶着していることを表します。

6. パイロットランプが消えた後の2〜3秒で冷却します。

 ※写真ではわかりやすくするために色付きのアルミ袋を使用しています。
シール後の成功例と失敗例
注意すぐにハンドルを上げると、シール部分が波状になることがあります。
注意 連続して使用する場合は、15秒以上間隔をとってシーラーしてください。
    故障の原因になる恐れがあります。
カッターを使う場合